みんなで乗ろう!JR和歌山線!

【和歌山線活性化検討委員会 和歌山市・岩出市・紀の川市・かつらぎ町・橋本市】 和歌山駅・田井ノ瀬・千旦・布施屋・紀伊小倉・船戸・岩出・下井阪・打田・紀伊長田・粉河・名手・西笠田・笠田・大谷・妙寺・中飯降・高野口・紀伊山田・橋本・下兵庫・隅田【和歌山線路線】 JR和歌山線の沿線地方公共団体が一体となり、地域振興の観点から本県北部の幹線鉄道である和歌山線を一層活性化させる方策について調査・研究することを目的として設立。

みんなで乗ろう!JR和歌山線

JR和歌山線の魅力をお伝えします。

和歌山線活性化検討委員会

お問い合わせ

和歌山線の歴史

和歌山線の歴史

和歌山線は、関西本線の王寺駅を起点にして、紀の川(吉野川)沿いに和歌山駅に至る87.5kmの路線である。この内、和歌山県下の隅田駅~和歌山駅間の沿革は次のとおりである。
隅田駅~紀和駅(開業当時の駅名は和歌山駅)間46.4kmの鉄道は、当時の紀和鉄道により明治31年~33年にかけて順次開通した。
開通当初は、田井ノ瀬駅~和歌山駅(当時の駅名は東和歌山駅)を連絡するルートはなく、昭和38年に貨物支線として開通したが、多くの列車が東和歌山駅発着となったため、和歌山駅の機能が失われ、昭和43年には、当時の東和歌山駅が和歌山駅に、和歌山駅は紀和駅に改称された。その後、田井ノ瀬駅~和歌山駅間4.6kmは、昭和47年3月15日より旅客営業を開始し、昭和49年に田井ノ瀬駅~紀和駅間4.5kmが廃止され、現在に至っている。
また、急行列車の「しらはま」、「紀ノ川」等が運行された時代もあったが、現在は全ての優等列車は廃止された。
(出展:JR和歌山線利用増進方策検討調査報告書 平成9年3月 和歌山県企画部)

■会社沿革

明治31年 紀和鉄道
明治37年 関西鉄道
明治40年 国有化
昭和62年 西日本旅客鉄道株式会社

■和歌山線の沿革

明治31年4月11日 橋本駅~五条駅間が開業(当時紀和鉄道)
橋本駅・隅田駅が開業
明治31年5月4日 紀和駅(当時和歌山駅)~船戸駅間が開業(当時紀和鉄道)
田井ノ瀬駅・船戸駅・紀和駅が開業
明治32年5月3日 布施屋駅が開業
明治33年8月24日 船戸駅~粉河駅間が開業(当時紀和鉄道)
打田駅が開業
明治33年11月25日 粉河駅~橋本駅間が開業(当時紀和鉄道)
これにより和歌山線:紀和駅(当時和歌山駅)~王寺駅が開通となった。
粉河駅・笠田駅・妙寺駅が開業
明治34年3月20日 高野口駅が開業
明治34年10月13日 名手駅が開業
明治35年3月1日 岩出駅が開業
明治36年3月21日 和歌山市駅(南海鉄道)~紀和駅(当時和歌山駅)間が開業
明治37年5月17日 紀和鉄道会社は関西鉄道会社に全線の営業を委託
明治37年7月27日 紀和鉄道会社、関西鉄道会社に譲渡を終了し会社解散
明治40年10月1日 関西鉄道が国有化
大正13年2月28日 和歌山駅が開業
昭和9年7月20日 和歌山駅~五条間で気動車運転を開始
昭和10年1月1日 紀伊中ノ島駅設置(当時和歌山線)
昭和13年7月15日 紀伊小倉駅・下井阪駅・紀伊長田駅が開業
昭和27年10月1日 千旦駅・西笠田駅・大谷駅・紀伊山田駅が開業
昭和32年5月1日 中飯降駅が開業
昭和43年2月1日 和歌山駅(当時)が紀和駅に改称
昭和43年3月1日 東和歌山駅(当時)が和歌山駅に改称
昭和43年10月1日 下兵庫駅が開業
昭和49年9月30日 紀和駅~田井ノ瀬駅間の旅客運輸営業を廃止
昭和59年10月1日 和歌山駅~五条駅が電化される
昭和62年4月1日 日本国有鉄道が分割民営化
平成14年3月23日 和歌山線の全列車がワンマン運転となる

Copyright (c) 2009-2015 JR和歌山線活性化検討委員会. All right reserved.